月別アーカイブ: 2015年1月

Fedora 21でTouchpadを無効化

xinputを使って、タッチパッドのオン・オフを切り替えられるようにしました。

まずはxorg-x11-appsをyumでインストール

# yum install xorg-x11-apps -y

これでxinputを使えるようになったので、まずはxinput listで接続機器一覧を表示します。

# xinput list
⎡ Virtual core pointer                    	id=2	[master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer              	id=4	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ Microsoft Microsoft® Nano Transceiver v2.0	id=12	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ Microsoft Microsoft® Nano Transceiver v2.0	id=13	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ AlpsPS/2 ALPS DualPoint TouchPad        	id=16	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ DualPoint Stick                         	id=17	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ eGalax Inc. eGalaxTouch EXC7910-1030-02.02.06	id=14	[slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                   	id=3	[master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard             	id=5	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Fujitsu FUJ02E3                         	id=6	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Video Bus                               	id=7	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Fujitsu FUJ02B1                         	id=8	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                            	id=9	[slave  keyboard (3)]
    ↳ FJ Camera                               	id=10	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Microsoft Microsoft® Nano Transceiver v2.0	id=11	[slave  keyboard (3)]
    ↳ AT Translated Set 2 keyboard            	id=15	[slave  keyboard (3)]

AlpsPS/2 ALPS DualPoint TouchPadがタッチパッドの名前。
これを無効にします。

xinput --set-prop "AlpsPS/2 ALPS DualPoint TouchPad" "Device Enabled" 0

有効にする場合は、最後の引数を1にします。

xinput --set-prop "AlpsPS/2 ALPS DualPoint TouchPad" "Device Enabled" 1

Fedora 21にChromeをインストール

Chromeは標準のyumレポジトリにないのですね。
というわけでchromeのレポジトリを追加します。

1. /etc/yum.repos.d/google-chrome.repo を作成。

[google-chrome]
name=google-chrome
baseurl=http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/x86_64
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

2. yumでインストール

# yum install google-chrome-stable -y

Fedora 起動USBを作成

Fedora 21がリリースされてるので、試して見ようと思います。
今回のリリースからServer, Cloud, Workstation の3つのエディションに別れたので、Workstationを試してみます。

まずはここからWorkstationをダウンロード。
Fedora Workstation のダウンロード

で、インストールメディア作らなきゃ、って事で起動USBを作ります。
rootになってliveusb-creatorをyumでインストール。

# yum install liveusb-creator -y

インストールが終わったらUSBをマウントして、liveusb-creatorをrootで起動。
liveusb

1. [Use existing Live CD]の下の[Browse]ボタンをクリックして、事前にダウンロードしたFedora-Live-Workstation-x86_64-21-5.isoを選びます。
2. [Target Device] でマシンに挿してるUSBディスクを指定。/dev/sdb1を選びます。
3. [Method] は [Overwrite device (dd)]を指定してUSBディスクをフォーマットします。
4. [Create Live USB]ボタンを押すと警告が出るので、もう一度押したら開始。
しばらく待ったら完了です。

The import android.support.v7.app cannot be resolved

Eclipseで空のAndroidアプリケーションプロジェクトをしたら、「The import android.support.v7.app cannot be resolved」などのエラーメッセージが出て怒られた。

eclipse

どうやら libs\android-support-v4.jar が邪魔している模様。

oldlibs

このandroid-support-v4.jarを削除したら解決しました。

s3cmdを使う

Amazon S3を使う事になったので、コマンドラインツールのs3cmdをセットアップしてみました。

まずは、Mac。
macportsでインストール出来るので、

$ sudo port install s3cmd

でインストールしました。

続いてWindows、というかCygwin。

  • git
  • python
  • python-setuptool

これらをsetup-x86.exeからインストールします。

次に、pipをインストールします。

$ easy_install pip

続いてpython-dateutilをインストールします。

$ pip install python-dateutil

そして、s3cmdをインストールします。
まずはgitからダウンロード。Macとバージョンを揃えたいのでブランチを指定。

$ git clone -b branch-1.0.x https://github.com/s3tools/s3cmd.git

そしてsetup.pyを実行します。

$ cd s3cmd
$ python setup.py install

以上、Cygwin.

続いてs3cmdのコンフィグを実施します。
ここからはMacもCygwinも共通です。

$ s3cmd --configure

Access Key: # Access Key を入力
Secret Key: # Secret Key を入力

Encryption password: #空のままEnter
Path to GPG program: #空のままEnter

Use HTTPS protocol [No]: #空のままEnter

HTTP Proxy server name: #空のままEnter

Test access with supplied credentials? [Y/n] n # MacもCygwinもテストは403エラーになってしまうのでスキップ

Save settings? [y/N] y

これでs3cmdが使えるようになりました。
試しにファイルをアップロード

$ s3cmd put test.gz s3://example/test.gz