月別アーカイブ: 2020年1月

AmazonJSが動かないと思ったらPA API 5.0に移行してた

WordPressのAmazonJSプラグインが正常に動作してなかったのでメモ。

先日Amazonアソシエイトから「PA API 5.0にアップグレードしろ」というメールが来てた。
件名は「IMPORTANT UPDATE – Upgrade to PA API 5.0 before PA API 4.0 shuts down on March 9, 2020」。

AmazonJSプラグインが勝手にバージョンアップしてくれんだろwって適当にスルーしてたら、どうやらとっくに対応してたようだ。

というのも、Amazon商品リンクを記事に追加しようとしたら、こんなエラーが出た。

Error

com.amazon.paapi5#AccessDeniedException

com.amazon.paapi5#AccessDeniedException
AccessDenied: The Access Key Id ******************** is not enabled for accessing Product Advertising API. Please sign up for Product Advertising API at https://affiliate.amazon.co.jp/assoc_credentials/home.

PA API 5.0のエラー

com.amazon.paapi5#AccessDeniedExceptionというエラーは、PA API 5.0の認証エラーでした。
Error Messages · Product Advertising API 5.0

要は、AmazonJSの設定に登録されてるAPIキーがPA API 5に対応してない古いキーだという事。

解決策

アソシエイト・セントラルから新しいAPIキーとAPIキーシークレットを取得してAmazonJSに登録する。

これだけ。簡単。

新しいキーとシークレットは、アソシエイト・セントラルの中の、
[ツール] > [Prodcut Advertising API] で作成出来ます。

作成した新しいAPIキーとシークレット

そしたら、また下記のように商品リンクが出てきました。

Debian 10でNICを2枚同時に有効にする

VirtualBoxにインストールしたDebianで、デフォルトのNICとホストオンリーNICを同時に有効化したかったのでメモ

GUIからだとどちらか一方しか有効化出来ない。
対策は、/etc/networks/interfaces.d/setup を下記のように編集して再起動。
これでデフォルトのNICとホストオンリーNICの両方を同時に利用可能になる。

# /etc/network/interfaces.d/setup

auto lo
iface lo inet loopback

allow-hotplug enp0s3
iface enp0s3 inet dhcp

allow-hotplug enp0s8
iface enp0s8 inet static
address 10.0.0.101
netmask 255.255.255.0

enp0s3がデフォルトのNICで、enp0s8がホストオンリーのNICである。