Ubuntu20.04にKVM環境を構築

Ubuntu20.04上にKVMを構築したのでメモ。

以前CentOS7上にKVMを構築した時のメモはこちら
 

1.KVMをインストール

まずは必要ツールをインストール。
今回はGUIのvirt-managerを使うのでインストールしておく。

sudo apt install qemu-kvm libvirt-clients libvirt-daemon-system bridge-utils virt-manager libosinfo-bin libguestfs-tools virt-top

続いてKVMを実行するユーザーをlibvirt関連グループに追加する。
orenomemo のところは実際のユーザー名に変える。

sudo adduser orenomemo libvirt
sudo adduser orenomemo libvirt-qemu

ここまで来たら一度OSを再起動する。
次はVMのインストールへ。
 

2.VMのインストール

今回はCentOS8をVMとしてインストール。
インストーラisoをダウンロードしておく。

そして仮想マシンマネージャー(virt-manager)を起動。

virt-manager

起動したら「新しい仮想マシンの作成」を実行。

新しい仮想マシンの作成

あとはインストールで使うisoファイルをローカルから指定して進めて行く。

インストールソースを指定

CentOSインストーラが起動したら、あとは普通にインストールすればOK.

CentOS8 installer

とても簡単。
VirtualBoxより軽くて快適。

 

再開します

昔書いてましたが、またしてもただのメモを書き綴ります。
プログラミング、Linux、Web解析、デジタルマーケティングなどなど。
毎度不定期更新。