Ubuntu 19.10の日本語入力をfcitx-mozcにする

デフォルトのiBusからfcitxに変えたのでメモ。

なぜfcitxを使うのかというと、俺は英語キーボードの右AltをIMEのオンオフ切り替えに使うのが常なんだが、iBusはそもそもAltキーを使えない仕様。

というわけでfcitxを使う。

まずはfcitxとfcitx-mozcをインストール。

sudo apt install fcitx fcitx-mozc -y

ibusを削除

sudo apt purge ibus -y

つづいて「入力メソッド」(im-config)ツールを起動して、以下の手順で進む。

im-configとも言う

  1. インプットメソッド設定というウィンドウが開くので→「OK」をクリック
  2. 明示的にユーザー設定を選択しますか?→「はい」
  3. ユーザー設定を選択してください→「fcitx」を選んで「OK」
  4. ユーザー設定がim-config により変更されました→「OK」

次は「Fcitx設定」ツールを起動する。ただの「Fcitx」と「Fcitx設定」と2つあるけど後者を選ぶ。

Fcitx設定を選ぶ

開いたら、「全体の設定」を開き、入力メソッドのオンオフをすべて「Ralt」に設定して閉じる。

右AltでIMEをオンオフ

そしてUbuntuを再起動したらOK。
右AltでIMEがオンオフ出来る。