月別アーカイブ: 2020年2月

Ubuntu 19.10で韓国語入力を使う

Ubuntuで韓国語入力を使いたかったのでメモ

まずはibusではなくてfcitxを使って日本語入力を出来る状態にしておく。
手順は前に書いたこちらの記事のとおり。

Ubuntu 19.10の日本語入力をfcitx-mozcにする

fcitxが動くようになったら、fcitx-hangulをインストールする。

sudo apt install fcitx-hangul

再ログインすると、Fcitxの入力メソッドで「Hangul」を選べるようになってる。

Fcitxで韓国語入力


これでUbuntu上で韓国語入力が可能になった。
Fcitx-mozcと同様に右Altのトグルで韓/ENを切り替えられるのでラク。

Debian10をNFSサーバーにする

DebianをNFS鯖にしたのでメモ

まずはサーバー側に必要パッケージをインストール

sudo apt install nfs-kernel-server portmap -y

/etc/exports にエクスポート設定を記述
この例では/shareを共有

/share	10.0.0.0/255.255.255.0(rw,sync,no_subtree_check)

/etc/hosts.allowに許可設定を追加

portmap: 10.0.0.0/255.255.255.0

その後nfs-kernel-serverを再起動すればエクスポートされる。
もしくは exportfs -r でエクスポートし直す。

sudo exportfs -r

続いてクライアント側。
下記はUbuntuでの例。
nfs-commonをインストールする。

sudo apt install nfs-common

それからマウントすればOK

sudo mount -t nfs 10.0.0.101:/share /mnt/nfs