Amazon FireHD8からUbuntuにVNC接続して外付けモニタ代わりにする

VNCを使ってFireHD8タブレットをサブモニターにしたのでメモ

参考にしたのはここ。
Ubuntu 18.04 で Kindle Fire HD をサブディスプレイとして使う方法

まずはUbuntu 19.10に必要なツールをインストール。

sudo apt install -y tightvncserver x11vnc

うちのPCはAMD Ryzen搭載マシンなので、/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-radeon.conf を編集する。

#/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-radeon.conf
Section "OutputClass"
	Identifier "Radeon"
	MatchDriver "radeon"
	Driver "radeon"
	Option "VirtualHeads" "2" #追加
EndSection

ここで一旦ログアウトのち再ログインする。

続いてxrandrでディスプレイの確認。

$ xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1920 x 1080, maximum 16384 x 16384
eDP connected primary 1920x1080+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 309mm x 173mm
#中略
DisplayPort-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DisplayPort-1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

上記出力で言うと eDP がメインのモニタで DisplayPort-1 がサブモニタになる。

続いて gtf コマンドで Modeline設定を取得

$ gtf 1280 700 60

  # 1280x700 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 43.50 kHz; pclk: 72.38 MHz
  Modeline "1280x700_60.00"  72.38  1280 1336 1472 1664  700 701 704 725  -HSync +Vsync

このModelineの右側に出ている “1280x700_60.00” 72.38 1280 1336 1472 1664 700 701 704 725 -HSync +Vsync をこのあと使う。

そして xrandr でディスプレイを追加

$ xrandr --newmode "1280x700_60.00"  72.38  1280 1336 1472 1664  700 701 704 725  -HSync +Vsync
$ xrandr --addmode DisplayPort-1 1280x700_60.00
$ xrandr --output DisplayPort-1 --mode 1280x700_60.00 --left-of eDP

これでモニタの左側にもデスクトップスペースが出来上がる。
そして x11vnc を起動して待ち受ける。

$ x11vnc

あとはこれにFireHDからVNC接続するだけ。

俺は VNC Client Free を使ってる。

VNC Client FreeからこのPCのの5900番ポートに接続すればOK。
画面小さいけどslackの画面を出しておきたい時に重宝してる。