Ubuntu 20.04 LTS インストールUSBを作る

やった事をメモ

インストールISOを入手

まずは Ubuntu 20.04 LTS Desktop のインストールISOをtorrentでダウンロード。

Alternative downloads | Ubuntu

USBメモリを用意

インストールUSBを用意する。
以前 Ubuntu19.10 の時に使った8GBのUSBメモリをfdiskでキレイにする。

まずはUSBをつないでlsblkで確認。

$ lsblk
#中略
sda           8:0    1   7.5G  0 disk 
├─sda1        8:1    1   2.3G  0 part 
├─sda2        8:2    1   3.9M  0 part 
└─sda3        8:3    1   5.2G  0 part 

それからfdiskでパーティションを削除

sudo fdisk /dev/sda

コマンド (m でヘルプ): p
ディスク /dev/sda: 7.48 GiB, 8022654976 バイト, 15669248 セクタ
Disk model: USB Flash Disk  
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x3da82654

デバイス   起動 開始位置 最後から   セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *           0  4844927  4844928   2.3G  0 空
/dev/sda2           7240    15175     7936   3.9M ef EFI (FAT-12/16/32)
/dev/sda3        4845568 15669247 10823680   5.2G 83 Linux

コマンド (m でヘルプ): d
パーティション番号 (1-3, 既定値 3): 3

パーティション 3 を削除しました。

コマンド (m でヘルプ): d
パーティション番号 (1,2, 既定値 2): 2

パーティション 2 を削除しました。

コマンド (m でヘルプ): d
パーティション 1 を選択
パーティション 1 を削除しました。

コマンド (m でヘルプ): n
パーティションタイプ
   p   基本パーティション (0 プライマリ, 0 拡張, 4 空き)
   e   拡張領域 (論理パーティションが入ります)
選択 (既定値 p): p
パーティション番号 (1-4, 既定値 1): 1
最初のセクタ (2048-15669247, 既定値 2048): 
Last sector, +/-sectors or +/-size{K,M,G,T,P} (2048-15669247, 既定値 15669247): 

新しいパーティション 1 をタイプ Linux、サイズ 7.5 GiB で作成しました。

コマンド (m でヘルプ): w
パーティション情報が変更されました。
ioctl() を呼び出してパーティション情報を再読み込みします。
ディスクを同期しています。

USBディスクを一旦ext4でフォーマットしとく。

sudo mkfs -t ext4 /dev/sda1

インストールISOをUSBにコピー

ddコマンドでインストールISOのイメージをそのままUSBにコピーする

sudo dd if=ubuntu-20.04-desktop-amd64.iso of=/dev/sda bs=512k

これで完成。
あとはUSBからインストールすればOK。