」カテゴリーアーカイブ

富士スピードウェイでスーパーフォーミュラ観戦

formula car

7月8日〜9日に富士スピードウェイで開催されたスーパーフォーミュラ第3戦を予選・決勝を家族で観戦して来ました。

5月のGWにスーパーGTも見に行ったのですが、その時の大渋滞と大混雑に比べたら、今回は寂しいくらい空いてましたねー
おかげで2日間かけてのんびり観戦できたので良かった。

さて、まずは初日目、朝9時前に東ゲートに到着したら、、、こっちはEnjoy Hondaという別イベントの入り口で、スーパーフォーミュラは西ゲートから入れとの事。。。
というわけで西ゲートに移動して入場。

場内を半周して、P7駐車場に駐車。
そこからキャリーワゴンに荷物を積んで移動して、トンネル通って左手の、300R内側の芝生エリアの平らなところにテントとタープ張って観戦。

テントとタープ張って観戦

タープはこの日のためにコンパクトなスノーピークのライトタープ ポンタ シールドを購入。

スーパーGTの時はここらへん大変混雑してたんですが、この日はここに陣取ったのはうちの家族だけでした。
広々。

11時からは息子とピットウォークに参加。

ピットウォーク


以前、富士スピードウェイのFISCO走行ライセンスを持ってた時はよく来た場所ですが、改めてレース開催日にやってくるとまた違った景色です。

いつもと違う景色


うちは犬連れだったので、かみさんは犬といっしょにメインスタンドに座ってピットウォークを眺める。

その後、かみさんはメインスタンド裏で食べ物を買いつつ、俺はテントに戻って七輪で焼き鳥などしながら観戦。
とても規模の小さなバーベキューだな。

スーパーフォーミュラ見ながら七輪で焼き鳥

今回は場内宿泊が禁止されてましたが、スーパーGTの時は場内宿泊OKだったので、いつかはサーキット内でテント張って一泊したい。

速い

さて、スーパーフォーミュラ予選が終わって撤収。

この日は富士SWから車で30分ほどのところにある、山中湖のペットと泊まれるホテル「カーロ・フォレスタ」に宿泊。
三国峠を超えて行きました。

以前、同敷地内の別館「エルフォ」に宿泊した事があるのですが、あちらはコテージタイプで部屋食も出来てちょっとお高い奴だったのですが、今回の「並カーロ」の方は、お手頃価格なので安心して宿泊できます。

スタンダードタイプの部屋はトイレとお風呂が共用なのですが、特に苦にならず、ご飯も美味しくいただきました。

ドッグランでお散歩

さて2日目。
この日はモビリタ駐車場に誘導されたので、そこに駐車後、シャトルバスでメインスタンドへ移動。
シャトルバスは15分間隔で運行との事ですが、SNSあたりを検索した限りは5分に一本くらい来るという情報もあり、一台見送ったあとホントに5分後くらいに来た。

というわけで初日は芝生エリアでしたが決勝はメインスタンド2階席で観戦。
この前日も当日も30度を越す猛暑でしたがメインスタンドは風が吹いて気持ち良い。

いよいよ決勝スタート

メインスタンドだとエンジンの爆音がさらに迫力ありますね。
決勝レースに臨むドライバーたちのピリピリした感じがエンジン音とスキール音を通して伝わって来ました。

決勝レース最後まで見たかったのですが、帰りが混むので早めに撤収。
しかし東名での事故と故障車の影響で3時過ぎには早くも渋滞始まってまして、なんなら最後まで見ても良かったかなー、と渋滞の中でふと思った次第。
それはさておき、家族でスーパーフォーミュラをたっぷり満喫した2日間でした。

来月のツインリンクもてぎ第4戦も見に行きたいな。

次に乗る車を決める


次に乗るべき車を何にしようかとふと考えだした。

今の車は86。とても気に入っている。

うちの86と富士山

うちの86と富士山


買った当初はちょっとパワー不足かな、と思ってたが、エキマニと触媒変えてECU書き換えたところ、だいぶ楽しくなった。

しかし、硬めの足回りのせいで、助手席のかみさんは乗り心地が気に入らない模様。
うちの2歳の子は車乗るとよく寝るから心地よさそうなんだけどな。

後部座席に2歳の子供を乗り降りさせるのは全く苦にならない。
でも子供もいずれは大きくなるので、後部座席にいつまで座れるかと考えると、小学校に上がる頃には狭いと感じるようになるのかな、と思う。

せめて子供の記憶に「父親は昔スポーツカーに乗っていた」という記憶が残るまでは乗りたいので、あともう一回車検を通すくらいが目処か。

86の次に買うとしたらやはり後部ドアがある車になる。
ミニバンは貨物車みたいで好みではないから真っ先に却下。
重心の高いSUVもロールして気持ち悪そうなのでこれも却下。

だとすると、セダンかステーションワゴンかな。
でもステーションワゴンて形が霊柩車っぽいし、荷室からの騒音がうるさそう。

やはり走りを求めるとMT車のFRセダン、てことになる。

なんでいまどきMTなのなんて言われるが、たまの週末に乗るくらいなので、シフトチェンジという操縦をイチイチ楽しみながら運転したい訳ですよ。
そして年に何度かはサーキットにも走りに行く。もうゲームやってるような感覚ですね。

そして走行性重視のFR。よく走りよく曲がる。
前から引っ張られるようなFFの感じはつまらんし、4WDは求めていない。

この条件だと、次はBMWの3シリーズのMTかな。320i Sportに6速MTがある。
試乗レポートをググったらちょいちょい見つかるが、この車こそMT好きなパパさん達がたどり着く車だな。

駆け抜ける歓び。BMW 320i Sport 6MT 試乗レポート

子供がもう少し大きくなったらキャンプに行きたいから、もう少し荷物が積める車がいいかなとも思うんだが、しょっちゅう行くわけでもないし、そんときゃレンタカーかカーシェアで大きめの車借りればいいや、と割り切る。

ところで、俺と子供の靴はお揃いって訳ではないが、同じプーマxBMWコラボの靴を履いている。

親子でプーマの靴

親子でプーマの靴


俺のは2年前に買ったフューチャーキャットというモデルで、子供は今年買ったドリフトキャットというモデル。
デザインは違うけど、同じBMWコラボ。
Puma x BMWコラボ

Puma x BMWコラボ


ただ単にプーマのドライビングシューズが欲しくて、デザインが気に入ったのがたまたまこのBMWのだったので買ったんだが、その後、子供にも似たようなデザインの靴を履かせたくて子供靴も購入した。
うーむ、これも何かの縁だ。

決めた。俺は決めたぞ。
次に買うのは3シリーズのMTだ。
というわけで、次の車検までにかみさんの承認をもらう事にする。

スポーツカーとベビーカー

baby_car_mother

子供もそろそろ2歳。
86に乗せて一緒に出かける機会も増えました。

もう歩けるけど、長い時間は歩けません。
疲れると抱っこしたがるのですが、さすがに13kg近い子供をずっと抱っこし続けるのも大変。

なのでベビーカーをトランクに積んでお出かけ、、となりますが、我が家の車はトヨタ86。
86はトランクの間口が狭いので、ベビーカーの出し入れがこれまた結構大変。

うちのベビーカーは子供が生まれた時にお祝いで頂いたエアバギー
これまた大きいのですよ。

というか手すりを取り外さないとトランクに入らないw

で、さすがに毎回エアバギーを積み下ろしするのも大変だと思ってたところ、NHKの朝のニュース番組内の情報コーナーで、お出かけ用の折りたたみコンパクトベビーカーについて見かけました。

これはいいぞ、と思って購入したのが、国内最小コンパクトベビーカー POCKIT(ポキット)です。

国内最小コンパクトベビーカー POCKIT(ポキット)

国内最小コンパクトベビーカー POCKIT(ポキット)

その名のとおり「ポキッと」コンパクトに折りたためます。

折りたたみ式なので、我が家のエアバギーと比べちゃうと剛性不足が否めませんが、駅や空港、ショッピングモール、遊園地、動物園など、屋内や路面に凹凸がない平坦な場所なら全く問題ありません。
メインで使うベビーカーではなく、あくまでもお出かけ専用のベビーカーですね。

うちの86は、いつでもサーキットで走れるようにヘルメットと、タイヤ交換に使うガレージジャッキとスロープや工具類を常にトランクに閉まっているため、さらにトランク内が狭い。

しかしこのポキットならば折りたためば飛行機内に手荷物として持ち込める大きさ。
なので、いつも86のトランクに積んでおいても邪魔になりません。

こんな感じでいつもトランクに入ってます。

折りたたんで86のトランクに載せてます。

折りたたんで86のトランクに載せてます。

おかげで、子供と86で出かける時にわざわざベビーカーを積まなくてもOKなので、スムーズにお出かけが出来るようになりました。

86やスポーツカーに乗りながら子育てするならオススメです。