Jumper Ezbook 3 ProにXubuntu Linuxをインストール

軽くて薄くてmacbookっぽいw、中華PC “Jumper EZbook Pro 3” を購入した。

買ったのは中国の GeekBuying というECサイトで、送料込みで日本円で28、000円ちょい。
いやー、安い。

1920×1080のフルHD13インチ液晶で、最大128GBのM.2 SSDを増設できるのと、ちょっと工夫してUbuntu系Linuxをインストール出来るというのも良い。

最近の仕事はもっぱらクラウド上での作業なので、Chromeとエディタとターミナルがありゃ良い。
画面が広くて軽くて薄くて持ち運びが楽な奴が欲しかったのと、この価格。

というわけでEzbookにSSDを増設して、Xubuntu LinuxをインストールしてWindows10とのデュアルブート構成にした際のメモ。

このEzbookはM.2 SSD の2242タイプに対応してるので、Amazonでお手頃価格のSSDを探す。
KingSpecの64GB SSD を買った。

SSDを増設する

取り付け方は簡単。
1. PCを裏返して、SSDスロットの蓋のネジを外して蓋を開ける。

2. SSDを装着する

たったのこれだけ。

以前のEzbookは裏のネジを10箇所外して筐体カバーを開ける必要があったのですが、このV4というマイナーチェンジしたモデルはSSD用の蓋がついてて楽だ。

増設後、とりあえずWindowsでディスクが認識されてるかを確認。
ちゃんとディスク0というのが認識されて出てきてます。

Xubuntu Linuxをインストールする

Ezbookは通常のUSBインストールメディアでは起動できず。
ちょっとググったところ、ISOファイルをApollo Lakeプロセッサ搭載端末向けに再構築(リスピン)する必要があるのと、ブートローダーとしてrEFIndを使う必要がある。

で、下記サイト(英語)の手順で無事XubuntuをUSBブートして、インストールする事が出来た。
https://techtablets.com/forum/topic/how-to-install-antergos-linux-on-the-ezbook-3-pro-v4/page/2/#post-74931

リンク先ではUbuntu 17.10と書いてあるが、isorespin.shの内容を見るとXubuntuやMintなどの派生distroにも対応してるのが分かったのと、rEFIndのバージョンは0.11.0を指定してるけど、0.11.2でも対応してた。

というわけで、Xubuntu 16.04 LTSもこのとおりUSBブートOK.

あとはSSDにインストールして再起動後、rEFIndでUbuntuアイコンを選択するとXubuntuにログインできる。

SSDなのでサクサク動きます。
Xfceがそもそも軽いので、大げさに言うと爆足ですw 大げさに言うとね。

というわけで、お手頃価格の軽量LinuxノートとしてEzbook 3 Proはとても良い選択であった。

Fedora 26にBracketsをインストール

会社のMacとWinで使ってるエディタが主にBracketsなので、家のFedora 26にもBracketsをインストールした。

$ sudo dnf copr enable mosquito/brackets 
$ sudo dnf install brackets

これだけ。

Fedora26でタッチパッドを無効化する

以前Fedora21の時にはxinputを使ってタッチパッドを無効化してたのだが、
Fedora 21でTouchpadを無効化

Fedora26ではXサーバは使われておらず、Waylandなのでこの方法は使えず、gsettingsコマンドを使う方法で解決した。

まず試したのは、タイピング中にタッチパッドを無効化するという方法

$ gsettings set org.gnome.desktop.peripherals.touchpad disable-while-typing true

これでもokなんだけど、タイピング中以外にもうっかりタッチパッドを触ってしまう事があるので、マウス接続時はタッチパッドを無効にするという設定にした。

$ gsettings set org.gnome.desktop.peripherals.touchpad send-events 'disabled-on-external-mouse'

これで、タッチパッドが無効になって快適になった。
もちろんマウスを外せばタッチパッドが再び有効になるので便利である。

FedoraにVirtualBoxをインストールしてWin10を動かす

Fedora 26にVirtualBox 5.1をインストールして、さらにVMとしてWindows10をインストールした際のメモ

まずはFedoraにVirtualBoxをインストールする。
下記サイトを参考にしたらすぐ出来た。
VirtualBox 5.1 on Fedora 26/25, CentOS/RHEL 7.4/6.9 – If Not True Then False

なお、SELinuxが有効だとインストール中にエラーが出てコケます。

vboxdrv.sh: failed: modprobe vboxdrv failed. Please use 'dmesg' to find out why

というわけでSELinuxをdisabled(無効)にしておきます。

# /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

今度はVirtualBoxにWindows10をインストール。
買って来たインストールメディアはUSB。
しかしVirtualBoxはUSBからのブートには対応してないので、MicrosoftのサイトからISOイメージをダウンロードしました。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
プロダクトキーはメディアに付属のものを使います。

あとはVirtualBoxで新規VMを作成して、DLしたisoファイルをストレージ設定でマウントしてからVMを起動すればセットアップが始まります。
そのまま進んで無事インストール完了。

富士スピードウェイでスーパーフォーミュラ観戦

formula car

7月8日〜9日に富士スピードウェイで開催されたスーパーフォーミュラ第3戦を予選・決勝を家族で観戦して来ました。

5月のGWにスーパーGTも見に行ったのですが、その時の大渋滞と大混雑に比べたら、今回は寂しいくらい空いてましたねー
おかげで2日間かけてのんびり観戦できたので良かった。

さて、まずは初日目、朝9時前に東ゲートに到着したら、、、こっちはEnjoy Hondaという別イベントの入り口で、スーパーフォーミュラは西ゲートから入れとの事。。。
というわけで西ゲートに移動して入場。

場内を半周して、P7駐車場に駐車。
そこからキャリーワゴンに荷物を積んで移動して、トンネル通って左手の、300R内側の芝生エリアの平らなところにテントとタープ張って観戦。

テントとタープ張って観戦

タープはこの日のためにコンパクトなスノーピークのライトタープ ポンタ シールドを購入。

スーパーGTの時はここらへん大変混雑してたんですが、この日はここに陣取ったのはうちの家族だけでした。
広々。

11時からは息子とピットウォークに参加。

ピットウォーク


以前、富士スピードウェイのFISCO走行ライセンスを持ってた時はよく来た場所ですが、改めてレース開催日にやってくるとまた違った景色です。

いつもと違う景色


うちは犬連れだったので、かみさんは犬といっしょにメインスタンドに座ってピットウォークを眺める。

その後、かみさんはメインスタンド裏で食べ物を買いつつ、俺はテントに戻って七輪で焼き鳥などしながら観戦。
とても規模の小さなバーベキューだな。

スーパーフォーミュラ見ながら七輪で焼き鳥

今回は場内宿泊が禁止されてましたが、スーパーGTの時は場内宿泊OKだったので、いつかはサーキット内でテント張って一泊したい。

速い

さて、スーパーフォーミュラ予選が終わって撤収。

この日は富士SWから車で30分ほどのところにある、山中湖のペットと泊まれるホテル「カーロ・フォレスタ」に宿泊。
三国峠を超えて行きました。

以前、同敷地内の別館「エルフォ」に宿泊した事があるのですが、あちらはコテージタイプで部屋食も出来てちょっとお高い奴だったのですが、今回の「並カーロ」の方は、お手頃価格なので安心して宿泊できます。

スタンダードタイプの部屋はトイレとお風呂が共用なのですが、特に苦にならず、ご飯も美味しくいただきました。

ドッグランでお散歩

さて2日目。
この日はモビリタ駐車場に誘導されたので、そこに駐車後、シャトルバスでメインスタンドへ移動。
シャトルバスは15分間隔で運行との事ですが、SNSあたりを検索した限りは5分に一本くらい来るという情報もあり、一台見送ったあとホントに5分後くらいに来た。

というわけで初日は芝生エリアでしたが決勝はメインスタンド2階席で観戦。
この前日も当日も30度を越す猛暑でしたがメインスタンドは風が吹いて気持ち良い。

いよいよ決勝スタート

メインスタンドだとエンジンの爆音がさらに迫力ありますね。
決勝レースに臨むドライバーたちのピリピリした感じがエンジン音とスキール音を通して伝わって来ました。

決勝レース最後まで見たかったのですが、帰りが混むので早めに撤収。
しかし東名での事故と故障車の影響で3時過ぎには早くも渋滞始まってまして、なんなら最後まで見ても良かったかなー、と渋滞の中でふと思った次第。
それはさておき、家族でスーパーフォーミュラをたっぷり満喫した2日間でした。

来月のツインリンクもてぎ第4戦も見に行きたいな。

巾着田でバーベキューと川遊び

子供とキャンプに行きたいと思ったのが去年の暮れ頃で、それからチマチマとキャンプ用品やらバーベキュー用品を買い集めてるんだが、未だに使う機会がないままGWへ突入。

そんなとき、小学校以来の友人から「GW中にバーベキュー行かない?」とお誘いのメッセが来たので二つ返事でOK出した。
ついに俺のギアが火を吹く時がやって来た訳ですよ。

というわけで、埼玉の巾着田でバーベキューして来ました。


川の流れが曲がりくねって巾着のようになってるから巾着田。

ここは1日駐車場代500円だけで、入場料なしで入れます。

友人曰く、「朝8時頃までに着かないと混む」というので、朝6時半に川崎の家を出発。
環八〜関越道〜圏央道を通って、狭山日高ICから車ですぐのところに巾着田はあります。

駐車場入口で500円を払って、友人の指定で臨時駐車場へ。
臨時駐車場は、メインの駐車場入口の左脇の道を通って、ぐるっと「巾着の反対側」あたりまで行ったところにあります。

上のGoogleマップでみると、巾着田の右下あたり、ドレミファ橋のあるあたりです。
こっちの方がメインの駐車場のある方より空いてて穴場です。(友人談)

駐車場から川原まで道具を運ぶ必要はあるけど、緑と川に囲まれたとってもいい場所でした。

川と緑に囲まれた巾着田


キャンプ宿泊もOKなサイトです。

臨時駐車場側の川原の風景

駐車場から川原まで道具類を運ぶ必要があるので、キャリーワゴンがあるとラクです。

で、まずは初めて設置するスノーピークのHDタープ・ヘキサ・Proセット!
気合い入れて高い奴買ったさ。しかもLサイズよ。
設置方法は店員さんに教わり、Youtube見て、本読んで覚えたとおりに完了。

HDタープ設置完了!

タープでかっ!

うちは家族3人なんだけど、こりゃ3人だけだと寂しいくらいデカすぎたw
友人家族とうちの家族合わせてちょうどのサイズね・・・

HDタープLなら2家族余裕でカバー出来る大きさ


巾着田の地面は川原なので砂利やら砕石なのですが、スノーピークの鍛造ペグならガシガシ刺さりました。
さすがスノーピークだわ(謎)

そしてスノーピークの焚火台も設置。
本来の焚火台としてではなくて、まずはグリル台として活躍してもらいます。

焚火台で焼肉ジュージュー焼いてます。

初めての火起こしも、火起こし器を使ってすんなり着火。

これは便利だ

しかし、タープの近くで火を起こした結果、爆ぜた炭のかけらで見事にタープに穴があいてました・・・
これはさっそく補修シート買って直さないとな。

友人はダッチオーブンで米を炊いてました。俺も今度試す。

ご飯はみんなで美味しく頂きました。
ひととおり肉とご飯を食べてからは、俺の大好きな貝類タイム。(どんだけ食うんだ)

貝を焼く


誰も食べないので、一人でホタテ・サザエなど堪能。
うまし。

しばらくして、友人がケトルで烏龍茶を煮出してくれました。
シェラカップに注いで飲む茶もうまい!

子供達はさっさとご飯を食べて、あとは川遊び。

川の深さは子供のひざくらい


魚捕まえたり、ひたすら石を投げて遊んだり、おもちゃなんかなくてもアウトドアは子供の遊びの想像力を伸ばしますね。

てなわけで、初の自力バーベキュー(半分手伝ってもらったけど)はとても楽しめました。
のんびり焼いて食って、タープに穴あけて(爆)、子供達も楽しんでました。

うちの子はさすがに遊び疲れて、帰りは駐車場で車に乗ってからすぐ、まだ車は動いてないのに即寝落ちw

次は本当に自力で日帰りデイキャンプにトライしたいと思います。

ビブラム・ファイブフィンガーズをまた買った

またしても5本指シューズを買ってしまった。

ビブラム・ファイブフィンガーズ TREK ASCENT INSULATED です。

TREK ASCENT INSULATED

前にブログで書きましたが、ファイブフィンガーズの弱点はアッパーが薄いので冬に履くと寒いのと、雨の日に履くと雨がしみてビショ濡れになってしまう点でした。

しかしこいつは厚手の撥水加工されたアッパーと、内側はウールのため、これで寒い日でも、雨の日でもファイブフィンガーズを履けます。
この1ヶ月ほど履き続けてますが、足元暖かいし、雨もしみてきません!

寒い日も雨の日も

TREK ASCENT INSULATEDはアッパーの生地がかなり厚いので、2サイズ上のM43(28.0cm)にしました。

ちなみに、俺は靴下なしで履くKMD SPORT LSはジャストサイズのM41(26.7cm)で、普段靴下ありで履いてるSPYRIDON MR と V-Run がワンサイズ上のM42(27.3cm)。

TREK ASCENT INSULATEDも靴下ありで履くので、窮屈じゃない大きめのサイズがちょうど良い。

TREK ASCENT INSULATEDは靴紐で結ぶタイプのミッドカットなので、他のファイブフィンガーズみたいに履いてヒモ引っ張っておしまい!という訳には行きませんが、寒さに震えたり、雨に濡れてビショビショにならないのは大きなアドバンテージです。

ランニングには向いてないですが、ウォーキングやハイキングに最適です。

やはりファイブフィンガーズ最高です。
ホントもう他の靴はいらないレベル。

太古レストラン酒場 ダイナソーへ行く

うちの子がいま恐竜ブームなので、大きな恐竜がいる「太古レストラン酒場・ダイナソー」へ行って来ました。

場所はこちら。県道45号こと中原街道の近くです。
中原街道沿いではないので注意が必要です。カーナビだと中原街道で案内が終わるので、目的地は2軒隣のファミリーマート大和代官2丁目店を目指すのが良いかも。

結論からすると子供は大喜びでした。

レストランというか遊園地みたいな雰囲気ですね。

ダイナソー店内

店内は恐竜だらけです。天井からも翼竜がぶら下がってます。
しかもこれ動きます。

恐竜動いてます

子供は「ちびっこレンジャーランチ」を頼みました。デザートのゼリーつき。
帰りにおまけのガチャを1回引けます。

ちびっこレンジャーランチ

俺は白身ノドン。鯛・マグロ・ヒラメ・イクラの海鮮丼ですね。

白身ノドン

周り見たらステーキとかハンバーグを食べてる家族が多いですね。
たしかに肉食恐竜たちに囲まれたらやはり肉を食べたいんでしょうけど、わたしはスピノサウルスっぽく魚を食べたわけで。

レストランの中には恐竜ライドという「乗れる恐竜」がいて、ポイントを3つ貯めると恐竜に乗って店内を1周できます。
うちの子はまだ2歳半だから、さすがにまだ乗れないな、と思ったら大人が子供を抱っこして乗る事もできます。

恐竜ライドが目のが前で「疲れた」ので停止。バッテリー交換、じゃなくて「水分補給中」だそうです。

そんなに遠くもないし、ご飯も食べれて子供も楽しめるので、また来たいと思います。

注意点としては道がわかりづらい他に、駐車台数が少ないですね。
20台くらい止められるようですが、うちが土曜の昼前の11時45分頃ついたら、運良く1台分だけ空いてました。
なので、店の駐車場がいっぱいの場合は、周辺のパーキングに停める事になりますかね。
店の前の道を200mちょい南東に行ったあたりの千本桜商店街バス停の前にコインパーキングがあるので、そこに停めれますね。

Amazon Fire TV Stick&DAZNでJリーグをテレビで見る

Jリーグファンの皆様、もうDAZNに加入しましたか?

うちもDAZNでJリーグを見る準備をしました。
いま丁度Jリーグのプレシーズンマッチの「JリーグDAZNニューイヤーカップ」を放送中なので、今月末から始まるJリーグの2017シーズンをテレビで映す予行演習として、DAZNをテレビに映しましたよ。

DAZNをテレビで見るために必要なもの

うちで使用しているものは以下のもの。

  • HDMI入力端子付きのテレビ
  • フレッツ光などのブロードバンド回線
  • Wifiルーター
  • DAZNへの加入
  • Amazon Fire TV Stick
  • セットアップ手順

    まず、HDMI端子付きのテレビ、フレッツ光回線、Wifiルーターは既に家にあったので、
    新たに用意したのはDAZNへの加入と、Amazon Fire TV Stickの購入の2つのみ。

    DAZNに加入する

    まずはDAZNに加入しないと始まりません。

    DAZN


    https://www.dazn.com/

    DAZNは月額1,890円税込ですが、加入してから1ヶ月間無料です。
    登録の際にクレジットカードが必要です。

    DAZNは海外のサービスだからか、新規登録の際に表示される入力フォームが「名・姓」の順番になってます。
    「太郎 山田」のようにファーストネーム・ラストネームの順番で入力する必要があります。

    名・姓の順番で入力


    登録が完了すると、サッカー・ゴルフ・モータースポーツなど様々なジャンルのスポーツ中継をライブ・見逃し再放送で楽しめます。

    Amazon Fire TV Stickを買う

    次に、DAZNをテレビに映すためのデバイスであるAmazon Fire TV Stick もしくは上位機種で4K対応のAmazon Fire TVを購入します。

    このブログを書いてる2017年2月5日現在、Fire TV Stickと上位のFire TVともに在庫なしで、Fire TV Stickが2015年3月1日頃入荷で、FireTVも出荷まで5週間〜7週間と表示されてます。
    先週のうちに頼んでおいてよかった。。

    そして、Fire TV Stickが届いたら、早速テレビのHDMI端子に接続します。

    Amazon Fire TV StickをHDMI端子に差す


    電源はUSBケーブルから給電します。
    うちのテレビのUSBポートは電圧が低くてFire TV Stickが起動しなかったので、付属のアダプタを使って電源タップに繋ぎました。

    起動すると勝手に初期化するので、しばらく待ちます。
    Wifiアクセスポイントの接続確認の画面が出るので接続すると、しばらくしてチュートリアル動画が流れたあとに、FireTVホーム画面が表示されます。

    Fire TV Stick ホーム画面

    DAZNアプリをFire TVにインストールする

    ここまで来たらあともう少しです。
    DAZNアプリをFire TVにインストールします。
    DAZNアプリはAmazonアプリストアから無料でダウンロード出来ます。
    「1Clickでダウンロード」ボタンを押すと、Fire TV端末に配信されます。

    FireTVホーム画面からDAZNを起動して、ID/パスワードを入力したら準備完了。

    画面にいろんなスポーツの一覧が出てくるので、「サッカー」を選び、見たい番組を選ぶと配信が始まります。

    DAZNでサッカーを見る。大迫ハンパないって(謎

    ライブ放送中の磐田vs熊本を再生したら、おなじみの八塚さんの実況と、解説が平野孝、ピッチサイドレポーターは高木聖佳という、スカパーJリーグと同じような顔ぶれの中継が始まりました。

    DAZNでJリーグ観戦

    まず思ったのは、画質がイマイチですね。。

    プレシーズンマッチだからなのか、回線の混雑なのか、機器の問題なのか、この画質で今年1年見続けるのはストレスになりそう。
    あと、スカパーの中継なら選手がアップになるたびに名前と前所属チーム、出身地などの情報がテロップが出て来ましたが、DAZNは文字情報が少ないですね。玄人向けなのか。
    画面左上のスコア表示はありますが、シュート数の表示もなし。

    まだプレシーズンだし、Jリーグ開幕後は改善される事を期待したいです。

    おまけ

    DAZNの副産物というか、Fire TV Stickを買ったおかげで、
    いままで全く見た事なかったAmazonプライムビデオ見放題がとてもありがたい事に気づく。
    子供が大好きなドラえもんが見放題ですよ。

    Amazonプライムビデオで動画見放題

    Amazonプライムの動画の画質は文句ナシ。
    俺の大好きな孤独のグルメのシーズン1からシーズン5まで揃ってるし、Jリーグ見るため以外にもAmazonプライム会員ならFireTVは持っていても良いですね。

    何はともあれ、これで今年もテレビでJリーグ中継を観れるようになりました。
    DAZNの画質改善を期待しつつ、あとは我らが川崎フロンターレが今年こそタイトルを取ってくれる事を願うのみである。

    親子で美術館へ

    11月末に、家から車で30分ちょいのところにある川崎市岡本太郎美術館に行って来ました。
    http://www.taromuseum.jp/

    「芸術は爆発だ」の名言でおなじみの岡本太郎氏の美術館です。


    岡本太郎美術館は生田緑地という緩やかな丘陵地帯にあり、美術館の他には、民家園や芝生広場、プラネタリウムなどがあります。
    また、この時期は紅葉も見頃です。

    うちは徒歩10分のところに等々力緑地があり、車で15分ちょいのところには夢見ケ崎動物公園もあるし、川崎市って意外に緑が多い。

    朝9時過ぎに家を出て、10時前には生田緑地に到着。
    しかしすでに表玄関の東口駐車場は満車という。。丘の上の方に西口駐車場ってのもあるんだけど、そちらへは行かずにUターンして近所のコインパーキングに停める。

    この日は11月末だというのに最高気温20度。ダウン着て来たのは大失敗。
    七分袖のTシャツでちょうど良い。

    生田緑地に入って、民家園の前を通り過ぎて、

    民家園の前で干し柿作ってた。

    民家園の前で干し柿作ってた。


    紅葉を見つつ、
    紅葉を見つつ

    紅葉を見つつ


    芝生広場の先の林を抜け、
    メタセコイアの林

    メタセコイアの林


    その奥の丘の上に岡本太郎美術館はあります。
    丘の上の岡本太郎美術館

    丘の上の岡本太郎美術館

    さて、岡本太郎美術館は以前かみさんが子供連れて来た事あるんだけど、俺は初。
    ここは子連れOKで、ベビーカーで入れる。
    そして岡本太郎氏の絵は赤や黒、青、黄などの濃い色の力強い作風なので、子供にも分かりやすいだろうと思い、芸術の爆発を親子で体感しに来たわけです。

    いま展示してるのは「太郎の眼玉ダンジョン」。
    ギョロっとした目がモチーフの作品がいっぱい展示されていて、2歳の子供も「おめめー」と言いながら芸術を味わってました。
    館内は撮影禁止なんですが、順路の最後の方にある休憩エリアは撮影OK。
    そして休憩エリアにある椅子はなんと岡本太郎氏の作品。
    作品にすわってしばし休憩しつつ、記念撮影などできちゃいます。

    作品に座って記念撮影

    作品に座って記念撮影

    岡本太郎作品をじっくり見て、企画展示エリアを抜けたところにキッズスペースあり。
    芸術作品に囲まれてやや緊張してた子供がくつろぐ。

    ゴジラの歩き真似。芸が細かい。

    ゴジラの歩き真似。芸が細かい。

    美術館のショップの隣に併設のカフェがあるので、お昼はここで頂く。
    子供椅子も当然ありまして、ありがたいことに子供向けの絵本やおもちゃも置いてある。

    パパはノンアルビール、子供はゴジラで料理を待つ

    パパはノンアルビール、子供はゴジラで料理を待つ


    注文してから料理が来るまでの間、しばし暇つぶし。

    カフェでお昼を食べた後は、美術館裏の芝生広場へ。

    美術館裏の芝生広場

    美術館裏の芝生広場


    子供は芝生の上を走り回って楽しんでます。

    今度来るときはボールやらピクニックシートやら持ってきてのんびり遊ぶかな。

    林を通って帰る

    林を通って帰る

    芸術の秋な1日でした。
    岡本太郎美術館と生田緑地、オススメのお出かけスポットです。