Emacs のテーマを変更

昔は color-themes をインストールしてたけどもういらないのでメモ。

load-themesでカスタムテーマをロードすればOK

M-x load-theme RET
テーマ名

デフォルトのテーマを変更したい場合は init.el に書いておく。
例えば tango-dark ならこう。

(load-theme 'tango-dark t)

 
テーマ一覧はここで見た。

Emacs Theme Gallery

Githubのリンクがないものはデフォルトで入ってる。

で、上記で見た solarized-dark というテーマが良さそうなので試したいが、デフォルトにはないのでインストールする。

 
インストールにはpackageを使うので、下記設定をinit.elに書いておく。

(require 'package)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "https://melpa.org/packages/"))
(add-to-list 'package-archives '("melpa-stable" . "https://stable.melpa.org/packages/"))
(add-to-list 'package-archives  '("marmalade" . "https://marmalade-repo.org/packages/"))
(add-to-list 'package-archives '("org" . "http://orgmode.org/elpa/"))
(package-initialize)

それからpackage-list-packagesで solarized-theme を探してインストール。
3種類あったのでmelpaのものを選んだ。

M-x package-list-packages RET
solarized-theme をインストール

これで solarized-dark と、solarized-light という2つのthemeが使えるようになる。