アウトドア」カテゴリーアーカイブ

キャンプ道具をふるさと納税で揃える

去年からキャンプを始めようと思って道具を揃えてるのですが、イチイチ買うと結構な出費なんですよね。

しかしなんと、ふるさと納税の返礼品でキャンプ用具を用意してる自治体が結構あるんですよ。
還元率が3割になってからお得感が減りましたが、それでも実質2,000円でキャンプ用品が買えると思えば損はありません。

というわけで、うちが去年ふるさと納税のお礼品としてもらったのは:

1. スノーピーク 焚火台L 焼網Pro 6点セット (岡山県総社市)

焚火台と炭床、網などの6点セット、これはバーベキューで早速大活躍しました。
しかし、めっちゃ重くて運ぶのが一苦労。

2. SOTO ステンレスダッチオーブン 10インチ (長野県駒ヶ根市)

手入れが楽なステンレスダッチオーブン。ほっといても錆びないのでズボラな私にはとても助かります。

3. モンベル ポイントバウチャー (長野県小谷村)

モンベルの直営店とオンラインストアで使える金券です。
キャンプ用具という訳ではないけど、これでアウトドアウェアを結構買えましたので、だいぶお得です。

長野県小谷村 モンベルポイントバウチャー

というわけで、今年もふるさと納税でちょいちょいキャンプ道具をお礼品として貰いたい。

そして今年もすでに1件ふるさと納税に申し込みました。

4. スノーピーク アメニティドームM (岡山県総社市)

これはまだ届いてないけど今年はこれでキャンプ行くぜ。
岡山県総社市には今年もお世話になります。

というわけで、これからキャンプを始めるなら「ふるさと納税」で道具を揃えるのもアリです。

富士スピードウェイでスーパーフォーミュラ観戦

formula car

7月8日〜9日に富士スピードウェイで開催されたスーパーフォーミュラ第3戦を予選・決勝を家族で観戦して来ました。

5月のGWにスーパーGTも見に行ったのですが、その時の大渋滞と大混雑に比べたら、今回は寂しいくらい空いてましたねー
おかげで2日間かけてのんびり観戦できたので良かった。

さて、まずは初日目、朝9時前に東ゲートに到着したら、、、こっちはEnjoy Hondaという別イベントの入り口で、スーパーフォーミュラは西ゲートから入れとの事。。。
というわけで西ゲートに移動して入場。

場内を半周して、P7駐車場に駐車。
そこからキャリーワゴンに荷物を積んで移動して、トンネル通って左手の、300R内側の芝生エリアの平らなところにテントとタープ張って観戦。

テントとタープ張って観戦

タープはこの日のためにコンパクトなスノーピークのライトタープ ポンタ シールドを購入。

スーパーGTの時はここらへん大変混雑してたんですが、この日はここに陣取ったのはうちの家族だけでした。
広々。

11時からは息子とピットウォークに参加。

ピットウォーク


以前、富士スピードウェイのFISCO走行ライセンスを持ってた時はよく来た場所ですが、改めてレース開催日にやってくるとまた違った景色です。

いつもと違う景色


うちは犬連れだったので、かみさんは犬といっしょにメインスタンドに座ってピットウォークを眺める。

その後、かみさんはメインスタンド裏で食べ物を買いつつ、俺はテントに戻って七輪で焼き鳥などしながら観戦。
とても規模の小さなバーベキューだな。

スーパーフォーミュラ見ながら七輪で焼き鳥

今回は場内宿泊が禁止されてましたが、スーパーGTの時は場内宿泊OKだったので、いつかはサーキット内でテント張って一泊したい。

速い

さて、スーパーフォーミュラ予選が終わって撤収。

この日は富士SWから車で30分ほどのところにある、山中湖のペットと泊まれるホテル「カーロ・フォレスタ」に宿泊。
三国峠を超えて行きました。

以前、同敷地内の別館「エルフォ」に宿泊した事があるのですが、あちらはコテージタイプで部屋食も出来てちょっとお高い奴だったのですが、今回の「並カーロ」の方は、お手頃価格なので安心して宿泊できます。

スタンダードタイプの部屋はトイレとお風呂が共用なのですが、特に苦にならず、ご飯も美味しくいただきました。

ドッグランでお散歩

さて2日目。
この日はモビリタ駐車場に誘導されたので、そこに駐車後、シャトルバスでメインスタンドへ移動。
シャトルバスは15分間隔で運行との事ですが、SNSあたりを検索した限りは5分に一本くらい来るという情報もあり、一台見送ったあとホントに5分後くらいに来た。

というわけで初日は芝生エリアでしたが決勝はメインスタンド2階席で観戦。
この前日も当日も30度を越す猛暑でしたがメインスタンドは風が吹いて気持ち良い。

いよいよ決勝スタート

メインスタンドだとエンジンの爆音がさらに迫力ありますね。
決勝レースに臨むドライバーたちのピリピリした感じがエンジン音とスキール音を通して伝わって来ました。

決勝レース最後まで見たかったのですが、帰りが混むので早めに撤収。
しかし東名での事故と故障車の影響で3時過ぎには早くも渋滞始まってまして、なんなら最後まで見ても良かったかなー、と渋滞の中でふと思った次第。
それはさておき、家族でスーパーフォーミュラをたっぷり満喫した2日間でした。

来月のツインリンクもてぎ第4戦も見に行きたいな。

巾着田でバーベキューと川遊び

子供とキャンプに行きたいと思ったのが去年の暮れ頃で、それからチマチマとキャンプ用品やらバーベキュー用品を買い集めてるんだが、未だに使う機会がないままGWへ突入。

そんなとき、小学校以来の友人から「GW中にバーベキュー行かない?」とお誘いのメッセが来たので二つ返事でOK出した。
ついに俺のギアが火を吹く時がやって来た訳ですよ。

というわけで、埼玉の巾着田でバーベキューして来ました。


川の流れが曲がりくねって巾着のようになってるから巾着田。

ここは1日駐車場代500円だけで、入場料なしで入れます。

友人曰く、「朝8時頃までに着かないと混む」というので、朝6時半に川崎の家を出発。
環八〜関越道〜圏央道を通って、狭山日高ICから車ですぐのところに巾着田はあります。

駐車場入口で500円を払って、友人の指定で臨時駐車場へ。
臨時駐車場は、メインの駐車場入口の左脇の道を通って、ぐるっと「巾着の反対側」あたりまで行ったところにあります。

上のGoogleマップでみると、巾着田の右下あたり、ドレミファ橋のあるあたりです。
こっちの方がメインの駐車場のある方より空いてて穴場です。(友人談)

駐車場から川原まで道具を運ぶ必要はあるけど、緑と川に囲まれたとってもいい場所でした。

川と緑に囲まれた巾着田


キャンプ宿泊もOKなサイトです。

臨時駐車場側の川原の風景

駐車場から川原まで道具類を運ぶ必要があるので、キャリーワゴンがあるとラクです。

で、まずは初めて設置するスノーピークのHDタープ・ヘキサ・Proセット!
気合い入れて高い奴買ったさ。しかもLサイズよ。
設置方法は店員さんに教わり、Youtube見て、本読んで覚えたとおりに完了。

HDタープ設置完了!

タープでかっ!

うちは家族3人なんだけど、こりゃ3人だけだと寂しいくらいデカすぎたw
友人家族とうちの家族合わせてちょうどのサイズね・・・

HDタープLなら2家族余裕でカバー出来る大きさ


巾着田の地面は川原なので砂利やら砕石なのですが、スノーピークの鍛造ペグならガシガシ刺さりました。
さすがスノーピークだわ(謎)

そしてスノーピークの焚火台も設置。
本来の焚火台としてではなくて、まずはグリル台として活躍してもらいます。

焚火台で焼肉ジュージュー焼いてます。

初めての火起こしも、火起こし器を使ってすんなり着火。

これは便利だ

しかし、タープの近くで火を起こした結果、爆ぜた炭のかけらで見事にタープに穴があいてました・・・
これはさっそく補修シート買って直さないとな。

友人はダッチオーブンで米を炊いてました。俺も今度試す。

ご飯はみんなで美味しく頂きました。
ひととおり肉とご飯を食べてからは、俺の大好きな貝類タイム。(どんだけ食うんだ)

貝を焼く


誰も食べないので、一人でホタテ・サザエなど堪能。
うまし。

しばらくして、友人がケトルで烏龍茶を煮出してくれました。
シェラカップに注いで飲む茶もうまい!

子供達はさっさとご飯を食べて、あとは川遊び。

川の深さは子供のひざくらい


魚捕まえたり、ひたすら石を投げて遊んだり、おもちゃなんかなくてもアウトドアは子供の遊びの想像力を伸ばしますね。

てなわけで、初の自力バーベキュー(半分手伝ってもらったけど)はとても楽しめました。
のんびり焼いて食って、タープに穴あけて(爆)、子供達も楽しんでました。

うちの子はさすがに遊び疲れて、帰りは駐車場で車に乗ってからすぐ、まだ車は動いてないのに即寝落ちw

次は本当に自力で日帰りデイキャンプにトライしたいと思います。

ビブラム・ファイブフィンガーズをまた買った

またしても5本指シューズを買ってしまった。

ビブラム・ファイブフィンガーズ TREK ASCENT INSULATED です。

TREK ASCENT INSULATED

前にブログで書きましたが、ファイブフィンガーズの弱点はアッパーが薄いので冬に履くと寒いのと、雨の日に履くと雨がしみてビショ濡れになってしまう点でした。

しかしこいつは厚手の撥水加工されたアッパーと、内側はウールのため、これで寒い日でも、雨の日でもファイブフィンガーズを履けます。
この1ヶ月ほど履き続けてますが、足元暖かいし、雨もしみてきません!

寒い日も雨の日も

TREK ASCENT INSULATEDはアッパーの生地がかなり厚いので、2サイズ上のM43(28.0cm)にしました。

ちなみに、俺は靴下なしで履くKMD SPORT LSはジャストサイズのM41(26.7cm)で、普段靴下ありで履いてるSPYRIDON MR と V-Run がワンサイズ上のM42(27.3cm)。

TREK ASCENT INSULATEDも靴下ありで履くので、窮屈じゃない大きめのサイズがちょうど良い。

TREK ASCENT INSULATEDは靴紐で結ぶタイプのミッドカットなので、他のファイブフィンガーズみたいに履いてヒモ引っ張っておしまい!という訳には行きませんが、寒さに震えたり、雨に濡れてビショビショにならないのは大きなアドバンテージです。

ランニングには向いてないですが、ウォーキングやハイキングに最適です。

やはりファイブフィンガーズ最高です。
ホントもう他の靴はいらないレベル。